読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧ミステリーを追いかけろ

北欧ミステリーを読み始めて10余年 ついに来た出版ラッシュ 多すぎて追いついていけません でも読みたい本がたくさん積んであるのってうれしくありません?

シンデレラたちの罪

電車の中から、女の子がいなくなるところから
始まるミステリー。

いなくなった子どもの父親に疑いがかかるなか、
子どもの洋服と剃られた髪の毛が
母親に送られてくる。
イヤだイヤだ。

短期間に、繰り返される誘拐。
マインドコントロールされて
ひどい暴力を受ける女性たち。
そして、殺人。

刑事もの。
主人公はアレックスかと思っていたら、
フレデリカだったんだね。

フレデリカ、30代後半、いい女。
すごく年上の既婚者とつきあっている。
渋くて、優しくて、いい男。
フレデリカは民間採用だからって、
刑事の勘なんてあるはずないと
決めつけられている。
腹が立つ!

ペーデルは
産後うつの奥さん放っておいて
同僚と不倫して最低な奴!
でも弟への優しさは本物の気がする。
だから、憎めないのかも。

エレンはシングルマザー。
新しい恋愛に夢中。
怪しげな男で危なっかしいんだけど。

刑事たちのキャラがたっている。
いい人たちすぎないのが、
ちょうどよい感じ。

以下、ネタバレ注意。














すっかり作者のミスリードにやられて、
エレン!大丈夫?と叫びたくなってしまった。

展開は……
アレックスがもっと捜査を先導してくれないと。
伝説的な刑事とかいいながら、全然やし!
途中で、颯爽と現れて、
事件のプロファイリングを披露して
また、颯爽と去っていく、
アメリカの心理学者。
スウェーデン警察も
プロファイラー雇った方がいいんじゃない?
と思ってしまった。

スウェーデンは未婚の女性でも
養子をもらえるんだな!
日本は結婚していないと無理なのに。

過去に中絶した女性が…ってパターンは
何冊か読んだことがある気がする。
顔のない男でも出てきたし。
日本と比べて
宗教的により罪悪と捉えられているのかな。

加害者も、実は幼少期に
DVを受けていたというのもあるある。
自分が受けていた方法で復讐するのもあるある。

翻訳されたら次も読むと思う。
フレドリカはどうやって一人で子育てするんだろう。
そこはスウェーデン
心配することないのかしら。


2015年8月
クリスティーナ・オルソン
国:スウェーデン
テーマ DV 復讐
★★★★☆