読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北欧ミステリーを追いかけろ

北欧ミステリーを読み始めて10余年 ついに来た出版ラッシュ 多すぎて追いついていけません でも読みたい本がたくさん積んであるのってうれしくありません?

満潮(上・下)

マルティン・ベックシリーズの映画脚本家が書いたミステリー。

シッラ&ロルフは脚本家夫妻。

 

刑事大学学生のオリヴィアと元刑事、現ホームレスの スティルトンが活躍するミステリー。

 

うんとモテるのに、恋愛には興味がない女の子、オリヴィア。

美人さんらしい。

あー、もったいないよな。

主人公が若い女の子だと、感情移入しやすくて楽でいいよ。

 

大学の夏休みの課題で、未解決事件を後追い捜査することになる。

 

臨月の妊婦が首を出して砂浜に埋められる。

潮がだんだん満ちてきて…。

このあたり、いかにも映像的だよね。

身元さえ判明せずにいる被害者。

いったい誰なんだ?

 

ホームレス襲撃事件が連続する。

犯人はKFの刺青。

KFって?

 

資源開発会社の社長。

政治家。

スコートガール派遣会社経営者。

ジャーナリスト。

怪しいやつばっかりだし。

 

警視メッテの寛容さ。

だって部外者のオリヴィアやスティルトンを捜査に加えてくれるんだから。

メッテの夫モーデンの包容力。

超個性的なインテリアのお宅。

カラフルな映像が目に浮かぶ。

このお宅好き!

おばあちゃんにも会ってみたいし。

癒されポイント。

 

ナイフ使いのアッバス

情報屋のミンケンもいい味出してる。

 

全体は場所、時間をまたいだ壮大なストーリー。

 

以下、ネタバレ注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

殺害された妊婦の胎児が実は生きていた。

とすると、今はどうしてる?

まさかストーリーに出てこない訳ないよね?

 

最後に明かされ衝撃的な真実。

どんでん系好きにはたまらないな。

求む!続編。

 

2016年10月

シッラ&ロルフ・ボリリンド

国:スウェーデン

テーマ「ホームレス 」…だけじゃないけど

★★★★★